学校概要

校長からのメッセージ

看護師への道、それは藤田から始まる

校長 楠本 順子

患者さんの最も身近にいながら、患者さんを支えることが看護師の仕事ですが、働く場所は、病院の中のみに留まりません。例えば、災害が発生したときにはチームを組んで駆けつけます。子育てに悩むお母さんの自宅へ訪問し相談にのることもあります。高齢者の方が自分で働くことが難しくなったときには、自宅へ訪問し手助けします。このように、皆さんの周りでは、多くの看護師が、赤ちゃんから高齢者の方までのさまざまな方々を支える仕事をしています。
本校は、1学年40人です。広いキャンパスの中には大学もあり、アセンブリという特別教育活動では、将来のチーム医療のシュミレーションとして他学部の学生と一緒に班活動を通し、交流を深めます。本校においては、先輩・後輩が一緒に授業を受ける機会もあり、学年間の距離を身近に感じることができます。
一般教養から看護の専門科目までが凝縮された3年間、国家試験合格をめざし、クラスがひとつになる瞬間を体験できる、そのような時間を共有しましょう。

学校概要

1学年定員 40名
修業年限 3年
卒業後
  • 看護師国家試験受験資格
  • 保健師・助産師学校、看護系大学への編入(編入制度を設けている大学)の受験資格

カリキュラム

3年間で確実な礎を築き真のプロフェッショナルをめざします。

教育理念

本校は人間愛を根底に、人の生命を尊重する倫理観と豊かな人間性を培い、自律した看護実践者を育成する。
さらに本校は医療系の総合学園であり、チーム医療を目指して自主性・協調性を重んじるアセンブリ(志を同じくする者たち全員集合)精神を通して、国際的視野を持った有能な医療人を育成する。
人々の健康を守るため変化する社会のニーズに対応し、安全に看護が実践できるよう基礎的知識・技術と責任感・使命感を身につけ、看護に必要な判断力・問題解決能力を養う。
学生一人一人の能力を尊重し、学生が主体的に学び、創造力を培い行動できるよう動機づけ支援する。また、自己を省察し、他者との人間関係が築けるようあらゆる機会を通して支援する。

教育目的

看護師として必要な基礎的知識・技術・態度を修得させ、専門職業人としての誇りと責任を持ち、社会に貢献し得る有能な人材を育成する。

教育目標

  1. 看護の対象を統合された存在として理解する。
  2. 看護を担うものとして生命の尊厳・人間愛を基盤にし、倫理に基づいた態度を身につける。
  3. 専門職業人として良好な人間関係を成立し、発展させるための基礎的能力を身につける。
  4. 看護を必要とする人々に対して、検証的・科学的思考を基盤に、確実な看護実践ができる基礎的能力を身につける。
  5. 社会のニーズに対応した保健・医療・福祉チームの一員として連携・協働できる基礎的能力を身につける。
  6. 専門職業人として生涯、主体的に学習する態度を身につける。